銀行でお金を借りるときに知っておくべき基礎知識

銀行でお金を借りるときに、借りるまでの一連の流れや必要なものを今知っておけば、手続きはスムーズに進められると思います。
まず、お金を借りるにはいくつかの種類があります。

1.住宅ローン
固定金利選択型もしくは変動金利型から、ご自分のライフスタイルに合ったほうを選ぶことができます。年収や勤務先、勤続年数などが審査基準になります。

2.教育ローン
子供の教育に必要になるお金を借りることができます。教育ローンを借りるには、義務教育以上の学校、専門学校、私立の小学校・中学校という条件があります。ここで注意してほしいのが、教育ローンで住宅ローンの返済をすることはできません。

3.マイカーローン
マイカーを購入する際に申し込むローンです。しかし、銀行のマイカーローンは少々審査が厳しいと言われています。低金利を考えた場合は銀行のマイカーローンのほうがお得です。

参考記事:ローンの種類

次に、無職や学生はお金を借りることができるかについてです。
ズバリ、無職や学生でもお金を借りることはできます。
ただ、もちろん条件があります。

無職の場合は、専業主婦の場合、ご主人が仕事をしていれば条件クリアです。
学生の場合は、年齢は20歳を超えていること、アルバイトの収入があることが条件になります。