規模の割に意外と穴場?大阪エキスポシティ

 

 
2015年11月に大阪府吹田市に誕生した新しい商業施設が大阪エキスポシティです。
 
もともとさかのぼれば、大阪万博というものすごい昔に開催された場所で、その後は遊園地となっていました。
 
その跡地を利用するかたちで三井不動産が30年間の事業用定期借地権を譲りうけたところでもあるのですが、大阪府も参画しています。
 
まだ、誕生してそれほど経ってないせいもありますが、知名度はまだそこまでは行っていません。
 
ですが、日本全国にあるショッピングモールの中でも群を抜いておもしろい施設がたくさん揃ってます。なので、ぜひ一度行ってみてください。
 
ここは、普通のショッピングモールとは違います。もちろん、お腹が空いた時にちょうど良くはいることもできますし、買い物も普通にできます。
 
なので、子供を連れていても帰りにさっと夕食のものを買って帰ることも気軽にできます。
 
ですが、そこがすごいところではありません。なぜかある、水族館や英語の広場など、ちょっとユニークなのです。
 
水族館には、大型の魚がいるわけではありません。ですが展示のしかたがとても魅力的です。
 
どこか違う場所に来てしまった感覚になれます。そして展示している魚たちも大きな水槽にたくさんということではありません。一匹ずつだったり光を当てていたりしています。
 
そして宇宙にいるような感覚にもなります。こういう風に次世代の水族館が変わっていくような気分になります。
 
英語の広場にはアメリカの建物そのままの展示になっています。大阪は、とにかくなんでも盛沢山が大好きなところです。
 
おそらくその思いが、映画館もあるけど、水族館もある、なんておもしろい発想を呼ぶのだと思います。一日いても楽しめますので、お休みの日にでも行ってみてください。もちろん駐車場もたっぷりあります。