銀行でお金を借りるときに知っておくべき基礎知識

銀行でお金を借りるときに、借りるまでの一連の流れや必要なものを今知っておけば、手続きはスムーズに進められると思います。
まず、お金を借りるにはいくつかの種類があります。

1.住宅ローン
固定金利選択型もしくは変動金利型から、ご自分のライフスタイルに合ったほうを選ぶことができます。年収や勤務先、勤続年数などが審査基準になります。

2.教育ローン
子供の教育に必要になるお金を借りることができます。教育ローンを借りるには、義務教育以上の学校、専門学校、私立の小学校・中学校という条件があります。ここで注意してほしいのが、教育ローンで住宅ローンの返済をすることはできません。

3.マイカーローン
マイカーを購入する際に申し込むローンです。しかし、銀行のマイカーローンは少々審査が厳しいと言われています。低金利を考えた場合は銀行のマイカーローンのほうがお得です。

参考記事:ローンの種類

次に、無職や学生はお金を借りることができるかについてです。
ズバリ、無職や学生でもお金を借りることはできます。
ただ、もちろん条件があります。

無職の場合は、専業主婦の場合、ご主人が仕事をしていれば条件クリアです。
学生の場合は、年齢は20歳を超えていること、アルバイトの収入があることが条件になります。

今すぐの出費に消費者金融の即日融資サービス

急にお金が必要になった時に便利なのは、消費者金融の即日融資のサービスです。
様々な会社が即日融資のサービスを提供していますが、情報サイトを利用すると最も適した業者をすぐに見つけることができます。

すぐにお金を振り込んでもらいたいときには、ウェブサイトですべての手続きが完結する方法を選ぶのが理想的です。
運転免許証などの住所表示がある書類をスマホで撮影してからメールで送信するのが、短時間で融資を受けるためのポイントです。

借入金額によって審査の内容は違いますが、50万円以内であれば派遣社員やパートの人も希望通りにお金を借りることができます。

初めて利用する人もその日のうちに所定の銀行口座にお金を振り込んでもらえますが、カードの発行も依頼すると今後も気軽にサービスが利用できるようになります。融資枠の範囲内であれば何度でもお金を借りることができる点が、カード発行の最大のメリットです。

無人契約機が完備している消費者金融も多くあるので、必要に応じてその場でキャッシング用のカードを発行することも可能です。

融資を受けるときには、同時に返済についても考えることが大切です。返済シミュレーションサービスを利用すると、収入や支払い能力に見合った借入金額を知ることができます。

体調を崩して有給休暇も使い果たしてしまい

 

「会社勤めで良かったな」とつくづく感じるのは、福利厚生や有給休暇など様々な制度で守られてることですよね。病気やケガで会社を休んでも、有給休暇を使えば収入が減ることはありません。とは言えそれは短期間で復帰できる場合。私の場合は病気療養で半年ほど休まなくてはいけなくなったのですが、最初の2か月ほどは有給休暇を使えば働いているときと変わらない収入を得られます。問題は3か月目以降、収入がなくなる…だけではないのです。給与は通常休んだ分だけ引かれます。その月の出勤がゼロであれば給与もゼロになりますが、手取りもゼロかというとそうではなく、「マイナス」になるのです!

給与所得の方は毎月もらう給与明細を思い出して下さい。「控除項目」ってありますよね。社会保険や年金、個人で加入している生命保険などです。問題はこの控除項目の多くは、休んだからといって引かれなくなるわけではないということ。ということは給与がないのに控除はある、つまり毎月の手取りがマイナスになるのです。

当時これには困りました。治療でお金もかかるのに、毎月会社からは給与ではなく請求書が届くという状況。友人にお金借りるのにおすすめのものはないかと聞いたら、カードローンを勧められました。あまり気分は乗らなかったのですがカードローンを使ってしのぎました。「このまま増えていったらどうしよう。」というい不安に苛まれましたが、いろいろ調べたところ社会保険から「傷病手当金」という手当が支給されるとのこと、とはいえ支給されるまでには日数がかかるので、しばらくはカードローンに頼る生活をしていました。

お金が足りない時にまずやること

生活をしている中で、思わぬ事故や病気などで、普段では必要のないお金が、急に必要になることもあるかと思います。こういったときの為に、貯金をしている方もいらっしゃると思いますが、貯金も無くその日暮らしに近いギリギリの生活をしている場合は、些細な出費でもかなりの打撃になってしまいます。

急にお金が必要になったときは、毎回必死になって金策をするはめになります。なにが一番効率良く現金にすることができるのかを考えた末に、私が思うのはやはり身の回りの物を売ることです。貴金属やブランド品などが売れるということは、みなさん知っているかと思いますが、それ以外にも売れる物はたくさんあるのです。

例えば、今の時代ではほとんどの人が持っている携帯電話やスマートフォンです。現在使っているものでなくても、機種変更などをして、携帯電話を買い替えたときに、以前使っていた古い電話機をどうしていましたか?もしかしたらなんとなく捨てられずに家に置きっぱなしにしていて何台もたまっているなんてことありませんか?きれいにして買取店に持っていったら、意外とお金になるものです。古い機種でも、壊れていても買い取ってもらえるものもありますので、まずはインターネットで「携帯 買取」などと検索してみてください。

その他にも中古のパソコンや使わなくなったデジタルカメラ、昔のゲームソフトなどもお金になったりします。お金を借りればすぐに解決する話ですが、その前にまずは所持品を売ってみてください。家にあっても使わないものがお金になったら、こんなにいいことはありません。